HOME | 金川珈琲の歴史

History

金川珈琲の歴史
1951

大田区大森北に喫茶「キンレイ」開店
「日本の植物学の父」といわれている植物学者の牧野富太郎も頻繁に来店されていて、体を悪くされ来店される事が難しくなられてからもご自宅に珈琲を入れに伺っていた

1956

喫茶「キンレイ」を人に任せ、珈琲焙煎 株式会社 金川商店を金川英一が設立する。

1962

長男 金川正道がブラジルに赴きコーヒー農園にてコーヒーの基本を学ぶ

1963

ブラジル国コーヒー院の「珈琲鑑別人養成学校」に入学し『味覚』『豆の品質・格付け』『実務計算』の3つの資格を取得し“コーヒー鑑別人”として正式な資格を証明する免状を受ける。その後、ブラジルの貿易会社にて貿易を学ぶ

1964

金川正道がブラジルより帰国

1990

株式会社 金川商店の二代目として金川正道が社長就任

金川幸雄金川珈琲に入社

1993

三年間の商品梱包、配達、店頭販売を経験し焙煎の実践を始める

2003

ほぼすべての焙煎を金川正道より金川幸雄に任される

2008

すべての焙煎を金川幸雄が担当する

新しくアイスコーヒーとFmixを提案し新たな焙煎方法を行う

2015

二代目金川正道の引退を期に、かねてより三代目金川幸雄が描いていた夢

「珈琲を本当に美味しく飲める場所で新生金川珈琲」を実現すべく全国を調べ始める

2018

理想の地三重と出会い、東京で62年続いた店を閉め三重県へ移住を決意する

2019

東京の店と家を処分し、連れ合いと共に三重県へ移住

2020

100件以上の物件を見て回る中、ここ丹生の地で物件、人、様々な運命的な出会いを経て、7月6日「金川珈琲」を開店

三重という土地に魅せられて

 
沢山の素敵なご縁を頂き、三重のこの地に念願の金川珈琲をオープンしました。三重、そして丹生の皆様に末永く愛される珈琲店として、美味しいと喜んで頂ける珈琲をお届け致します。
 
皆様にお会いできますことを心よりお待ちしております。
 

 

わたしたち三重で暮らしています

 
チャンネル三重県 わたしたち三重で暮らしています(vol.1)
三重に移住を考える方、移住を考える皆様に三重という土地の素晴らしさ、温かさが伝わりますように。